不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方

高齢者の方のために、バリアフリーになっている賃貸物件も登場しています。

不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方

バリアフリーの物件

子供が独立して、一戸建てでは広すぎるという高齢者の中で、賃貸物件を借りようとする人が多くなっています。
最近の賃貸物件でも、高齢者に対応した物件も登場しています。
その中でも注目されているのが、バリアフリーの物件です。
バリアフリーですが、部屋の中はもちろんのこと、共用部分についても進められています。
高齢者の方は、賃貸物件がバリアフリーの進められたところかどうかを確認する必要があります。
まず賃貸マンションの中に、エレベーターが付いているかどうか確認をしておきましょう。
高齢者になると、歩いて移動することが厳しくなります。
そこで、エレベーターが付いていれば、楽に上下の移動がしやすくなります。
またエレベーターが付いていても、大震災のような自然災害が発生したときには利用できない可能性もあります。
この場合には、階段を使った移動も頭の中に入れておく必要があります。
そこで階段の所に手すりが付いているかどうかについて、しっかりと確認をしておきましょう。
手すりが付いていないと、もし転倒したときに掴めるものがなくなって、頭を打ち付けてしまう可能性が出てきます。
廊下の所にもいざという時のために手すりが付いているかどうかも確認しておきましょう。
また階段の段差が大きいと、上り下りをするのが大変になります。
そこで、あまり勾配のきつい所ではないかどうかも確認しましょう。
またマンションのエントランスをはじめとして、段さがいろいろなところにあるかもしれません。
車いすになってしまうと、この段差を乗り越えるのも苦労してしまいます。
段差の所にはスロープが付いていて、車いすなどの人でも楽に移動できるかどうかについて、確認しておきましょう。
また共用部分の廊下や階段の所のスペースが広めになっているかどうかについても確認をしておきましょう。
この部分が狭いと車いすの人や小さなお子さんがいて、ベビーカーを利用する人にとっては不自由になってしまいます。
エレベーターホールの所は、特にそれなりのスペースがあるかどうかの確認をしておきましょう。
ベビーカーや車いすを回転すると仮定して、少なくても1.5メートル四方のスペースはあった方が良いでしょう。
このような条件が整っていると、バリアフリーに対応した賃貸マンションということができます。
高齢者の中田、長く住み続けようと思って賃貸物件探しをしているのであれば、このような条件を確認してみましょう。

注目度がUPしているネタを用意。下記のホームページがイチオシです

Copyright (C)2014不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方.All rights reserved.